【イラスト動画】浮気相手の子供を養育させてさらに養育費を奪い取る托卵女子の手口とは【漫画】

托卵という他人に自分の子供を養育させる動物の人間バージョンの話です。


日本でも結構多いらしいです。

DNA親子鑑定を依頼するうちの8割は親子関係が認められるそうなので安心してくださいっていう医者のサイトがありましたが、2割も托卵があるなんて多くないですか?

ロシアでは托卵が多すぎて、DNA検査で離婚になるケースが多いため、女性大臣がDNA検査を禁止する法律を作ろうとしたとか・・・

そりゃ女性は生まれた子供は確実に自分の子供だからいいかもしれませんが・・・

自分はいいからって男性に自分の子供でない子を騙して育てさせるのはおかしいと思います。

ただ、DNA検査は現在そこそこの値段がして、5~10万円ほどでしょうか。

それでも認知拒否は現在子供が生まれてから1年以内でないとできないので、すべての人がするべきだと思います。

セリフ:台本

表紙「他人の子供を育てさせる恐ろしい托卵女の例、他人でも養育費請求

恐ろしい托卵女の例
托卵女=浮気相手との子供を旦那に養育させる女性」


1、
ナレーション「精子バンクの優秀な遺伝子で妊娠して金持ちのブサメンと結婚し、養育してもらう」
女性「イケメン高身長の遺伝子ゲット♪」


2.
ナレーション「旦那と同じ血液型の男と浮気してどっちの子供かわからないけど出産、自分の子供である事は確実なので問題ない」
女性「どっちも好きだしどっちの子でもいいよね♪」


3.
ナレーション「妊娠はかっこいい男と、妊娠確認後、金持ちの男と寝て既成事実と作り上げる」
托卵女「今日会いたいな~」
(期間ずれすぎないようになるべく早くヤラないと・・・)


4.
ナレーション「旦那or交際相手に内緒で援助交際してるからもう誰の子かわからない、でも自分の子であることは確かなのでOK」
托卵女「妊娠したみたいなの・・・」
(あんたの子じゃないと思うけど)


5.
ナレーション「出産前に旦那に内緒でDNA検査して自分だけ真実を知る」
女性「旦那に内緒で誰の子か知りたいんですが・・・」
電話「調べたい男性の髪の毛とかあればOKです」


6.ナレーション「1年(改正後は2年?)立てば認知拒否できなくなるので、離婚して養育費もらいながら本当の父親と再婚」
旦那「結婚前から浮気してたらしいな!俺の子じゃないかもしれないから養育費払わんぞ!」
妻「認知拒否の期間過ぎてるから養育費は払わないといけないのよ、知らないの?」


7、ナレーション「中絶する場合、とりあえず関係を持った男、全員に中絶費用を請求」
托卵女「あなたの家庭を壊したくないから中絶するわ、費用は払ってね」



8、ナレーション「離婚後は絶対DNA検査を拒否!(認知拒否期間を過ぎれば養育費はもらえるが、浮気が発覚すれば慰謝料は請求される)」
托卵女「DNA検査?嫌よ」
托卵女(浮気の事実が発覚するじゃない)2.


9.旦那はいらない、精子バンクで一人で産んで子供育てたいけど、とりあえず養育費もらうために結婚、その後、離婚して金銭的な余裕を得る
一回だけ彼と寝て出来ちゃった婚して、別れさせ屋で浮気させて養育費と慰謝料ゲット



10.子供が自分に似てないと父親は本能で自分の子ではないと思うのか、虐待しがち
確かに虐待したけど・・・あいつは俺の子じゃなかったんだ~
結婚してたら自動的に旦那の子供になる法律なんだよ


11.DNA親子鑑定を依頼する例では、日本でも2割くらいは親子鑑定が否定されるらしい

女の子1「それでもDNA親子鑑定しませんか?」
女の子2「私は女だから関係ないよね?」



コメント

このブログの人気の投稿

日本人男性の寿命も短い原因と男性が女性よりも自殺しやすい要因とは、イラスト解説動画

眼圧が上がるとどんな症状と病気になるのか、絵解説動画

日本の少子化が進み続ける原因となぜ対策がされないままなのかをイラスト解説した動画