本当は怖いグリム童話の、ヘンゼルとグレーテル、シンデレラの残酷で怖い話【イラスト解説動画】


真実は子供には見せたくない話だったりします。

セリフ:台本

ヘンゼルとグレーテルは子供向け童話では、両親に森へ捨てられたヘンゼルとグレーテルが迷って悪い魔女の家にたどり着き、魔女をやっつけた上に魔女の財宝を手にし、財宝のおかげで両親の元へ戻ってもちゃんと育ててもらえて、めでたしめでたし、な話であるが

本当は怖いグリム童話では、迷ってたどりついた家は孤児を育てるとてもやさしいおばあさんの家で、家のお金を奪うために孤児を毒殺したヘンゼルとグレーテルが釜土におばあさんを閉じ込めて焼き殺して財産を奪いとり

家に帰ったヘンゼルとグレーテルは自分を捨てた両親に復讐する、という話である

シンデレラの子供向け童話では、いじわるな姉と母親に虐げられているシンデレラが魔法使いの力を借りてパーティで王子様に見初められ、落としたガラスの靴で王子様に家を突き止められて結婚し、母親、姉に一目おかれ、めでたしめでたし、な話であるが
本当は怖いグリム童話では、いじわるな姉に夜な夜な森からとってきたムカデなどの害虫を服の中に入れたりする復讐心の強いシンデレラが王子様の所へ城に不法侵入して夜這いに行きます(ちなみに魔法使いは存在しません)
王子様を骨抜きにしたシンデレラは、次に姉に復讐を思いつきます。
王子様に私の靴に合う足の人を町から探してほしい、と頼むのです。
シンデレラはもう王子様にバレているので、たまたま履ける人がいてもどうでもいいのです。
ただ、靴のサイズが合わないと四苦八苦しているいじわるな姉と母親に「これを使ってはどうかしら?」と包丁を渡します。
母親は「王子様と結婚すれば歩く必要なんてないのよ♪」といじわるな姉の足を切って無理やり靴のサイズを合わせます。
ただ、シンデレラはもう誰か王子様にわかっているので、足の痛みで気絶しかかっている姉を後目に王子様に「それは私の靴です」と言い、「シンデレラは私たちの家族です」という母親と姉を「そんな人たち知りません」と言い放ってほったらかして王子様と幸せになる、という話です。
えっシンデレラとヘンゼルとグレーテルって実話なの?

それはわからないけど、魔女とか魔法使いが出てこないし、主役が嫌なほんとは嫌なやつっていう点で現実的な話ではあるよね
10

コメント

このブログの人気の投稿

日本人男性の寿命も短い原因と男性が女性よりも自殺しやすい要因とは、イラスト解説動画

眼圧が上がるとどんな症状と病気になるのか、絵解説動画

人の苦しい死に方にはどんなものがあるか、3つ絵で解説した動画