金持ち優遇の税金制度や美人局を助長する日本の法律の問題点などをイラストで解説した動画


理不尽さを感じる法律はもっといっぱいあるかもしれません。

セリフ:台本

日本のおかしい法律、理不尽な法律の解説【漫画動画】

1ページ目
ナレーション「隣の家に火事が起き、自分の家に飛び火した場合、火事の原因が100%隣であっても隣からは何の賠償もされない」

2ページ目
飛び火が原因の火事をすべて一つの家の火災保険で賄ってたら保険会社が成り立たない、という理屈らしいので、火災保険は絶対に入っておきましょう。

火災保険がなければ、近くの家の火事に巻き込まれると全部自分で修理代払う事になります。
3ページ目

飲酒運転事故と轢き逃げの刑の差。
飲酒運転により人身事故を起こした場合、「酒酔いによる危険運転致死罪(法定刑20年以下)」となりますが、ひき逃げの罰則は、7年以下の懲役もしくは禁錮又は100万円以下の罰金となっています。

だから飲酒運転していて人身事故を起こした場合、一度逃げて酔いが醒めてから出頭した方が罪が軽くなる事が多いのです。
4ページ目
一番の問題は、ひき逃げによりすぐに救急車を呼んでいれば助かった命があった、という事件が意外と多いのではないかという事で、実際、飲酒運転の罰則を強化してからひき逃げが増えた地域が多いそうです。

5ページ目
3.投資金の分離課税
所得税は累進課税により、多く稼いでいる人ほど高い税率になっていますが、株式などの投資による利益は所得税とは別の分離課税で年100万円の所得も1億円の所得も20%となっています。

20%はサラリーマンの最高税率55%(住民税込み)より2倍近く低く、所得の再分配のはずの税金制度に反した金持ちほど得をする税制度になっているのがわかります。
4.
求人に男性のみ募集、女性のみ募集と書いてはいけない
男女雇用機会均等法により、男女平等を目指した制度だと思われますが、実際に採用を決めるのは会社なので、女性のみ採用したいのに「女性のみ募集」とか書けなくては男性も面接に来てしまい、面接官も男性も無駄な時間を過ごすだけで誰も得をしないのでは?

5,援助交際で罪に問われるのは男性のみ
援助交際は、女性が18歳未満であれば児童買春、児童ポルノ禁止法で男性が罰せられますが、児童側は罪に問われません。

しかし、犯罪の刑はそもそも罰する事よりも犯罪を抑止する事が大事なはずなので、援助交際自体をなくしたければ、両方罰する方がいいのでは?

また、美人局の助長にもなっていると思います。
そもそも援助交際は売春だから違法でしょ?

たしかに売春は売春防止法にひっかかるが、弱い立場である買われる側を保護するという名目で罰則はない
じゃあ売春防止法なくてよくね~

コメント

このブログの人気の投稿

日本人男性の寿命も短い原因と男性が女性よりも自殺しやすい要因とは、イラスト解説動画

眼圧が上がるとどんな症状と病気になるのか、絵解説動画

日本の少子化が進み続ける原因となぜ対策がされないままなのかをイラスト解説した動画